ロック

The Beatles - Please Please Me(1963)

更新日:

ビートルズのデビューアルバムを本当に久しぶりに聴いた。デビューアルバムといえば、そのバンドの「原点」と語られることが多いけどこのプリーズ・プリーズ・ミーの場合はちょっと違うと思う。だってこのアルバムをリリースしたバンドが数年後にSgt. Pepper's Lonely Hearts Club Bandやら、Abbey RoadのB面やらロック史を塗り替える仕事をやってのけるとは誰も想像できないでしょ。

だからと言ってこのプリース・プリース・ミーの価値が半減するわけじゃない。何しろ収録曲の半分以上がオリジナル曲なのだから。ストーンズのデビューアルバムがR&R、ブルースのカバーで埋め尽くされているのと好対照だ。以前は作詞家、作曲家、シンガーがそれぞれ分業制を敷いていた音楽業界。ビートルズはそれを壊してオリジナル曲を自分たちで演奏して、しかも全員で歌っちゃうんだから業界、リスナーに与えたインパクトは相当のものだったと思うんだ。

それにこのアルバム、やっぱり曲がいいよね。本当に良質のポップアルバム。どこを切っても捨て曲がない。個人的にはやっぱりTwist and Shoutかな。このナンバーのカバーをプロ、アマを問わず山ほど聴いてきたけど、やっぱりジョンのシャウトには誰にもかなわないよ。それとコーラスを挟んでのラストのスネアの2発のエンディング。かっこいいよ。やっぱり。







-ロック
-, , , , , ,

Copyright© 試行錯誤するロック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.