誰でも「10代の頃、聴き狂ったアルバム」ってあると思う。自分の場合はこれ。ジ・アラームのアラーム宣言(原題:Declaration)。

ジ・アラームは1978年、ウェールズで結成、1984年にリリースされたのがこのアラーム宣言です。

音楽的にはアコースティックを基調としたパンクサウンドにメロディアスなメロディーが乗っかる感じ。アコースティックギターがすごくカッコいい。

で、ボーカル・ギターのマイク・ピーターズの声がジョー・ストラマーにそっくりなんだよね。当時、レコード屋さんで流れてて、店員さんに「これ何ていうバンドですか?」って訊いて、すぐ買って。

今、あらためて聴いてもやっぱりカッコいい。やっぱりウェールズ出身だからウェールズ民謡の影響をモロに感じる楽曲もあるし。アラーム宣言は日本でのデビューアルバムなんだけどU2のオープニング・アクトを務めたり、ブレイクする要素はあったと思う。

でも、見事にブレイクしなかった(笑)

アルバムも出るたびに買ってたんだけど、だんだんポップ色が強くなってしまって、やっぱり勢いがあるこのアラーム宣言が一番かな。

マイク・ピーターズは結局バンドを脱退して、結局ジ・アラームは解散しちゃうんだけど、なんか別メンバーで最近再結成したみたいです。

メジャーになりきれなかった悲運のバンドジ・アラームのアラーム宣言。「我が青春の1枚」として紹介させていただきました。