ロック

Small Faces - Ogden's Nut Gone Flake(1968)

更新日:

スモール・フェイセズの4作目。もともとスモール・フェイセズ はモッズ・バンドとしてスタートした、The Whoと人気を二分するバンドだった。メンバーはスティーヴ・マリオット(vocals, guitar), ロニー・レーン(vocals, bass), ケニー・ジョーンズ(drums), イアン・マクレガン(keyboards)。

やはり時代のせいだろうか。スモール・フェイセズ もSgt. Pepper's Lonely Hearts Club Bandの影響を受けたコンセプト・アルバムを作った。それが1968年にリリースされた、本作Ogden's Nut Gone Flakeである。

このアルバムは構成が面白い。アナログA面には通常通り楽曲が収録されているが、B面は「月を探す愚か者」(イギリスで古くから伝わる物語)をテーマにしており、曲間にナレーションが入っていたりする。

だからこのアルバムOgden's Nut Gone Flakeはサイケ・アルバムであると同時に「ロック・オペラ・アルバム」と呼べるかもしれない。

ジャケットも面白い。タバコの缶を模した世界初の円形ジャケットである。

アルバムはインストのタイトルナンバーOgden's Nut Gone Flakeから始まる。フェイザーをかけたイアン・マクレガンのエレピがサイケな味わいを醸し出している。

続くAfterglow (Of Your Love)はスティーヴ・マリオットのソウルフルなボーカルが堪能できる名曲。他にもSong of a Baker、Rollin' Overでもハードなサウンドが聴ける。スティーヴ・マリオットは後にハンブル・パイを結成するが、その片鱗がうかがえるようで興味深い。

これらのハードな曲では、ケニー・ジョーンズのドラムが素晴らしい。ほとんどハードロックのそれである。後にキース・ムーン亡きあとドラマーとして参加するのも納得。

また、このアルバムを特徴づけているのは、ロニー・レインの趣向である。Rene、ヒットしたLazy Sunday、Mad Johnなどのナンバーでは彼の趣向である英国トラッド風の楽曲が披露されている。

本作Ogden's Nut Gone Flakeはスティーヴ・マリオットのサイケ志向とロニーレインのトラッド志向が違和感なく調和している。そこが、Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band以後リリースされた多くのトータル・アルバムと一線を画す点なのかもしれない。

ポール・ウェラーがスモール・フェイセズの大ファンであることは有名である。そのため、本作Ogden's Nut Gone Flakeは90年代のブリット・ポップ期に再評価を受けることになる。

スモール・フェイセズは残念ながら、本作をもって解散してしまう。その後、スティーヴ・マリオットはハンブル・パイを結成。残った3人は、ロッド・スチュアート、ロン・ウッドとフェイセズを結成することになる。

本作Ogden's Nut Gone Flakeは聴けば聴くほど、その良さが分かってくるスルメのようなアルバム。名盤です。

【関連記事】

The Kinks - Something Else By The Kinks(1967)







-ロック
-, , , , , ,

Copyright© 試行錯誤するロック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.