ロック

Fairground Attraction - Last Kiss(1990)

更新日:

フェアグランド・アトラクションはイギリスのバンド。デビューシングル「パーフェクト」が全英一位を獲得したこともあって、ご存じの方も多いと思います。

今回紹介するラスト・キスは、1990年に解散した彼らのシングル曲、未発表曲を集めた編集盤です。解散直後の1990年にリリースされました。

編集盤とはいってもラスト・キスの内容は素晴らしいです。全編アコースティック楽器のみで演奏され、オリジナルの曲のほかに、サム・クックのYou send me、ビートルズのDo you want to know a secretのカバーも収録されています。

フェアグランド・アトラクションの一番の魅力はやはり、エディー・リーダーの抜群の歌唱力にあると思っています。

女性ならではの優しく、伸びのある声。もともと彼女はグラスゴー生まれで、ストリート・ミュージシャンとして活動した後、プロのセッション・ヴォーカリストとして、ユーリズミックス等のバックで歌っていたそうです。

そして1988年、フェアグランド・アトラクションとしてデビュー後は冒頭に書いたとおり、デビューシングル、デビューアルバム「ファースト・キス」も全英一位を獲得、一躍注目される存在になりました。

ところが、そのプレッシャーが彼女を精神的に追いつめてしまいました。

その結果、活動期間わずか2年、オリジナル・アルバムもたった1枚というキャリアで1990年に解散を発表しました。

僕は彼らの大ファンでライブにも足を運んでいただけに残念でなりませんでした。

現在、エディー・リーダーはソロ・シンガーとしてマイペースに活動を続けています。

僕がなぜファースト・アルバムではなく、本作ラスト・キスを紹介するのは理由があります。

それはファースト・アルバムにも収録されている、名曲Allelujahのライブ・バージョンが本作に収録されているからです。

このライブバージョンは素晴らしい出来です。スタジオ・バージョンよりも数倍、エディー・リーダーの声が心に沁みわたってきます。

ぶっちゃけ、この1曲のためにアルバムラスト・キスを1枚買っても損はしないと思います。

フェアグランド・アトラクションの音楽は素朴さにあふれています。

「最近、ロックばかり聴きすぎて疲れたなー」なんて時は彼らの音楽に耳を傾けてみてください。

きっと心地よい安堵感に包まれると思います。







-ロック
-, , , , , ,

Copyright© 試行錯誤するロック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.