ロック

XTC - Skylarking(1986)

更新日:

スカイラー・キングはXTCの通算8枚目のアルバム。1986年にリリースされた。UKポップの頂点を極めた一生モノの名盤である。

最初はこのアルバムの良さが全くわからなかった。でも何度か聴き返しているうちに、クセのあるメロディーが心地よくなってきた。やっぱりスカイラー・キングは名盤だわ。

本作のプロデューサーは奇才トッド・ラングレンである。制作中、ボーカル・ギターのアンディ・パートリッジとの確執があったらしいが、奇跡的に傑作が生まれた。

スカイラー・キングは、はじめはとっつきにくいアルバムかもしれない。何しろメロディーがひねくれまくっているから。

でもビートルズを連想しているうちに耳に馴染んできた「リボルバー」「サージェント・ペパーズ」期のビートルズと重なるメロディラインやアレンジが多いんだよね。

1000 Umbrellasなんて、ジョンが歌ったらピッタリはまるだろうし、Big Dayはジョージが歌ったらこれまたぴったりだと思う。

オアシスとはまた違った意味で、アンディ・パートリッジはビートルズになりたかったんじゃないかな。とにかくメロディーが素晴らしい。

あと「ペット・サウンド」も近いものを持ってると思う。あのアルバムも結構メロディーにクセがあるし。

スカイラー・キングはXTCの作品の中で最も美しい作品だと思う。虫の鳴き声をバックに歌われる1曲目のSummer's Cauldronからブランクなしで2曲目のGrassに流れていく展開は本当に美しいと思う。

このアルバムのハイライトは最後の曲のDear Godだと思う。「神様、手紙は届いたでしょうか?この辺りを良くしてくれる様に祈ってますが、ビールの値段は下げてくれなくてもいいから、涙の量を減らして欲しいんです。みんなあなたの作った想像は人々がおなかを空かして、食べ物が十分無いんです。だからあんたなんか信じられない」っていう歌詞をアンディは書いた。

美しいコード進行と神秘的でメランコリックな抒情性を持ったこの曲は、それまでのXTCにはなかったものだ。

でも「神に対する一方的な解釈が波紋を投げかける」と恐れをなしたアンディとヴァージンの担当者の反対でこの曲はアルバムから外されてしまう(現在発売されているCDには収録されています)。

結局シングルGrassのB面に収録されるんだけど、なんと米国カレッジ・チャートで1位を獲得してしまう。

やっぱりメロディーだけじゃなくアンディ・パートリッジという人はズレることについては超一流なんだよね。

「XTCって名前は聞いたことあるけどアルバム持ってないんだよね」って人もいると思います。そんな方にはスカイラー・キングをオススメします。







-ロック
-, , , , , ,

Copyright© 試行錯誤するロック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.