ロック

The Beatles - With the Beatles(1963)

更新日:

ビートルズのセカンド・アルバムウィズ・ザ・ビートルズは1963年にリリースされた。1963年といえばストーンズがデビューした年だ。この時期、ストーンズはオリジナル曲なんて全く興味がなかった。ビートルズはすでに本作ウィズ・ザ・ビートルズで8曲ものオリジナル曲を残している。

まあ、バンドのスタンスが違っていたわけだから一概には言えないけど、やっぱりビートルズって先進性という意味ではこの時期の他のバンドより1歩も2歩も先を行ってたのがよく分かる。

個人的にはAll My Lovingのジョンの3連のバッキング・ギター。これは今聴いても斬新だし、凄いと思う。実際に弾いてみるとこれが難しいんだ、これが。

当時シングルで連発されていたヒット曲は1曲も収録されていないのに、本作ウィズ・ザ・ビートルズ収録のオリジナル曲はどれもクオリティが高い。この時期からすでにビートルズは「アルバムはシングルの寄せ集め」という概念を破ってしまっている。これも凄いことだと思う。

注目はPlease Mister Postman、You Really Got a Hold on Me、Moneyと3曲のモータウン・ナンバーが収録されていることだと思う。初期のビートルズの中でも本作ウィズ・ザ・ビートルズが最もブラック・フィーリングに溢れているのはそのせいだと思う。

ジャケットも4人のモノクロ写真を使っていて「黒っぽさ」を感じる。

それにしてもセカンド・アルバムでこの完成度はどう考えても凄いと思う。もう初期ビートルズの世界が確立しちゃっているもんね。

当時、ストーンズも当然本作ウィズ・ザ・ビートルズを聴いてたはずだけど、どんな思いを抱いていたんだろう。ビートルズがストーンズに提供したI Wanna Be Your Manなんて30分くらいでチャチャっと作っちゃったんでしょ。やっぱりビートルズはストーンズにとって脅威の存在だったんだろうなって想像する。

でもストーンズは当時、オリジナル曲に全く関心がなかった。自分たちを「ブルースの伝道者」だと思ってたくらいだから、実はそれほど気にしてなかったのかもしれないね。

本当に脅威だと感じたのはやっぱり「サージェント・ペパーズ」の時期かもしれないね。ストーンズも「サージェント・ペパーズ」にモロに影響受けた「サタニック・マジェスティーズ」をリリースしているわけだし。

なんかビートルズのアルバムなのにストーンズの話になってごめんなさい(笑)。でもビートルズとストーンズはやっぱり切り離せない関係だからね、ちょっと脱線してしまいました。

本作ウィズ・ザ・ビートルズは初期ビートルズ・サウンドが確立したアルバム。名盤だと思います。







-ロック
-, , , , , ,

Copyright© 試行錯誤するロック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.