ロック

Led Zeppelin - Houses Of The Holy(1973)

投稿日:

レッド・ツェッペリンの通算5枚目のアルバム、聖なる館(原題:Houses Of The Holy)は1973年にリリースされた。4作目まで数字表記だったアルバム名に初めて正式な名前がつけられたアルバム。

まず冒頭のHouses Of The Holyから。あれ?いつものリフがない。でもこれはこれでカッコいい。ジョンジーのベースが良く歌ってる。ペイジのソロもいつになく明るい。曲調もそうだ。もうツェッペリンはただのハード・ロックバンドじゃなくなっていることを証明する1曲。名曲です。

The Rain Songはペイジの変則チューニングのアコースティック・ギターから始まる幻想的ナンバー。ジョンジーのメロトロンの響きとペイジのアコースティック・ギターがすごくマッチしている。美しい曲だ。プログレと言ってもいいかもしれない。プラントのボーカルもいつになく優しい印象を受ける。本作聖なる館で一番好きな曲です。

Over the Hills and Far Awayもペイジの変則チューニングのアコースティック・ギターから始まるナンバー。途中でエレキが入ってきてハードな展開になるんだけど、この静と動のバランスにはザ・フーを感じる。「フーズ・ネクスト」の頃の。

The Crungeはなんとファンク・チューンだ。ボンゾの独特のタイム感を持ったドラムが素晴らしい。こういう曲を演るってこと自体がもうハード・ロックの範疇を越えているよね。

Dancing Daysはちょっとルーズなロック・チューン。もうここまで来ると貫禄のようなものを感じる。この曲もジョンジーのメロトロンが曲に良い味つけをしている。

D’yer Mak’erはレゲエ・ナンバー。ボンゾにあのスカスカなドラムが叩けるはずはなく、こういうツェッペリン風のレゲエ・ナンバーになる(笑)本作聖なる館がリリースされた頃って、ちょうどレゲエが台頭してきたころだからね。しかし、ツェッペリンがレゲエを演るとは思わなかったなあ。

No Quarterはジョンジーのメロトロンから始まるナンバー。そこにペイジのちょっとブーミーなリフが絡んでくる。エフェクトをかけたプラントの幻想的なボーカル。これはもうプログレだと思う。悪い意味じゃなくてツェッペリンの高度な音楽性を堪能できる1曲になっている。

ラストのThe Oceanはこれぞレッド・ツェッペリンというハード・ロックナンバー。こういう曲で締めてくれるのは嬉しいよね。ペイジのリフがカッコいい。それに絡むプラントのボーカルも素晴らしい。

本作聖なる館は「多様性」って言葉が一番似合うと思う。見過ごされがちな1枚だけど名盤だと思います。







-ロック
-, , , , , ,

Copyright© 試行錯誤するロック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.