ロック

The 13th Floor Elevators - The Psychedelic Sounds of the 13th Floor Elevators(1966)

投稿日:

The 13th Floor Elevatorsはアメリカのサイケデリック・バンド。本作The Psychedelic Sounds of the 13th Floor Elevatorsは彼らのデビュー作であり、ピンク・フロイドの「夜明けの口笛吹き」に並ぶサイケデリックの名盤である。

彼らの音楽を特徴づけているのは「エレクトリック・ジャグ」の使用である。こればっかりは聴いてもらわないとわからないのだが、コポコポとした音が本作全般で聴くことができる。これがエレクトリック・ジャグの音なんだけど、やっぱり分からないよね(笑)

サウンドは「夜明けの口笛吹き」と違って、ブルース色が強い。

まず冒頭のYou're Gonna Miss Meから。痙攣を起こしたようなボーカルのシャウトから始まる後半のブルース・ハープもサイケデリックに聞こえる。続くRoller Coasterはエコーが深く効いたギターリフから始まる暗めのブルースナンバー。粘っこいボーカルが特徴的。途中でフリーキーな演奏になるところがいかにもサイケだ。

Splash 1は本作The Psychedelic Sounds of the 13th Floor Elevatorsで一番ポップな1曲。しかしコード進行やメロディーはやはりサイケだ。エコーの効いたギターのアルペジオがよく響いている。Reverberation (Doubt)はギターのハウリングから始まるブルージーなナンバー。エレクトリック・ジャグもコポコポいっている。上昇するコード進行がカッコいい。

Don't Fall Downはベースで始まるサイケナンバー。途中のBメロで浮遊感のあるメロディーが登場してくるところが好き。Fire Engineは消防車のサイレン音がコラージュされている3コードのナンバー。コーラスがサイケ感を出している。Bメロのボーカルは今にも倒れそうな絶叫だ。

Thru The Rhythmは本作The Psychedelic Sounds of the 13th Floor Elevatorsでもサイケ色が強いナンバー。絶叫するボーカル、エコーの効いたギターがカッコいいい。You Don't Knowもサイケ色が強い。この曲もギターがカッコいいな。後半からリズムが変わってくるんだけど、そこもカッコいいと思う。

Kingdom Of HeavenThe は本作The Psychedelic Sounds of the 13th Floor Elevatorsの中で究極のサイケナンバー。本作おどろおどろしいギター。これは完全にLSDで「あっちの世界」に行ってしまった曲だと思う。Monkey Islandはブルージーなサイケナンバー。ボーカルが完全にイッてしまっている。ラストのMonkey Islandも完全なサイケナンバーだ。3コードの単調な曲なんだけど、やっぱりエレクトリック・ジャグと狂気じみたボーカルが普通のロック・ナンバーとは一線を画している。

万人にオススメできるアルバムじゃないけど、60年代のサイケに興味のある方にとって、避けて通れないのが本作The Psychedelic Sounds of the 13th Floor Elevatorsだと思います。







-ロック
-, , , , , ,

Copyright© 試行錯誤するロック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.