ロック

Cinderella - Long Cold Winter(1988)

投稿日:

シンデレラのロング・コールド・ウィンターは1988年にリリースされた。本作は彼らのセカンド・アルバムにあたる。

まず冒頭のBad Seamstress Bluesはギター・ボーカルのトム・キーファーのドブロ・ギターのスライドから始まる。そこからハードな展開になっていくとこが何度聴いてもカッコいい。

続いて、リフがカッコいいGypsy Roadへ。曲はいいし、ギター・ソロも最高な1曲。

Don't Know What You Gotはピアノで始まるバラード。この曲、大好きなんだよね。メロディーもいいし、ギター・ソロもよく歌ってます。本作ロング・コールド・ウィンターはこの冒頭3曲の流れが大好きです。

The Last Mileはアルペジオで始まるHRナンバー。サビのメロディーにちょっと浮遊感があるメロディアスな1曲。

Second Windはイントロのリフがカッコいい疾走ナンバー。サビ前の展開がブルージーでライブでも盛り上がりそうな1曲。

タイトル曲Long Cold Winterは本作ロング・コールド・ウィンターでのハイライトだと思う。マイナーのブルース・ナンバーなんだけどトム・キーファーのボーカル、ギター・ソロともに素晴らしい。特にボーカルにジャニス・ジョップリンを感じる。

If You Don't Like Itはこれまたリフがカッコいい。サビも一緒に歌えるキャッチーさを持っている1曲です。ギター・ソロの掛け合いも光る1曲。

Coming Homeはアコースティックなミディアム・ナンバー。ダウン・トゥ・アースなメロディが素晴らしい。ギター・ソロもメロディアスで良い感じ。

Fire And IceはブルージーなHRナンバー。サビのメロディーが印象に残る1曲。

ラストのFire And Iceはイントロのカウベルがいい味を出している。そこにトム・キーファーのスライドが入ってくるポップなR&Rナンバー。

シンデレラ、いいバンドだけど、今は活動してるのかな。ネットで調べてみてもみつからないんだよね。2006年にポイズンとツアーをしたところで止まってる。

どこかアメリカの小さなクラブとかで演っててくれればうれしいんだいけど。

久しぶりに本作ロング・コールド・ウィンターを聴いたけど、この時期にいっぱい出てきたHRバンドの中で、最もブルースを感じさせてくれたバンドがシンデレラです。中古屋さんで見つけたらチェックしてみてください。







-ロック
-, , , , , ,

Copyright© 試行錯誤するロック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.