ロック

BLACK REBEL MOTORCYCLE CLUB - Take Them On, On Your Own(2003)

投稿日:

 

ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブのセカンド・アルバム、Take Them On, On Your Ownは2003年にリリースされた。音楽的にはデビュー作であるB.R.M.Cのサイケデリアの世界観を踏襲しつつ、ガレージ感が増した印象がある。

まず1曲目のStopから。ファズの効いたベースラインが印象的。途中で入ってくるギターのオブリがサイケ感満載でカッコいい1曲に仕上がっている。ワウを使ったギター・ソロも良い。

Six Barrel Shotgunガレージ感溢れるR&Rナンバー。ベースも良く歌っている。We're All in Loveは下降していくコード進行がカッコいい1曲。この曲もガレージ色が強いがBメロのメロディー・ラインにサイケデリックを感じる。

In Like the Roseはトレモロを駆使したギターで始まるミディアム・ナンバー。サビの切ないメロディーが光る1曲。このあたりは前作のB.R.M.Cを受け継いでいると思う。
後半のクルーヴ感はさすが。

Ha Ha High Babeはファズ・ベースで始まるミディアムの1コードのナンバー。スペースメン3を連想させる1曲。歪みきったギターとベースの音がカッコいい。

Generationは横ノリのガレージ・ナンバー。こういう曲を演れるところにブラック・レベル・モーターサイクル・クラブの底力みたいなものを感じる。後半からエンディングにかけての緊張感が凄い。

Shade of Blueはブラック・レベル・モーターサイクル・クラブお得意のサイケデリック・ナンバー。浮遊感のあるメロディーにどこかに連れていかれる錯覚に陥る。途中で入るギターのオブリも良い。

U.S. GovernmentはボーカルにディストーションがかかっているミディアムのR&Rナンバー。ギター・ソロが激しく。狂気じみたものを感じる1曲。And I'm Achingはアコースティック・ギターを使った弾き語りナンバー。美しいメロディーが秀逸。

Suddenlyは3連のマイナー・キーのナンバー。悲しげなメロディーとファズ・ギターが良く合っている。ベースの歌いっぷりも見事だ。

ここからラストの3曲が本作Take Them On, On Your Ownのハイライトだと思う。Rise or Fall、Going Under、Heart + SoulとたたみかけるようににダークなR&Rナンバーが続く。

本作Take Them On, On Your Ownは次のステップへ向かうブラック・レベル・モーターサイクル・クラブの過度期のアルバムなのかもしれない。けれど良い曲が詰まったかっこいいアルバムです。







-ロック
-, , , , , ,

Copyright© 試行錯誤するロック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.