ロック

Bob Dylan&The Band - The Basement Tapes(1975)

投稿日:

ボブ・ディランとザ・バンドの共作、地下室(原題:The Basement Tapes)は1975年にリリースされた。実際のレコーディングは60年代後半、オートバイ事故から回復したディランを中心にウッド・ストック近くの「ビック・ピンク」と呼ばれる貸家の地下室で行われた。

まずディスク1から、Odds and Endsから始まる。肩の力の抜けたR&R。ディランのリラックスした歌声が聴ける。Orange Juice Blues (Blues For Breakfast)はリヴォン・ヘルムによるブルース・ナンバー。サックスが良い味つけをしている。ロビー・ロバートソンも地味ながら味のあるプレイを聴かせてくれる。

Million Dollar Bashはフォーキーなナンバー。サビのコーラスが温かい。Yazoo Street Scandalはニューオーリンズのファンクナンバー。ディランの歌声も力強い。ガース・ハドソンのオルガンがいい味を出している。

Goin' to Acapulcoはスローなフォーキー・ナンバー。ロビー・ロバートソンのオブリのギターがとても良い。この曲もガース・ハドソンのオルガンが重要な役割を果たしている。
ディランのボーカルも良い。

Katie's Been Goneはリヴォン・ヘルムによるボーカル。この曲はメロディーが良い。ザ・バンドのアルバムに入っていてもおかしくない名曲だと思う。Lo and Beholdはセッション風の楽曲。ディランのボーカルもトーキング・ブルース風だ。

Bessie Smithは本作地下室の中でも名曲のひとつ。アーシーなメロディーを持つバラード。
ディランのボーカルにリヴォン・ヘルムのファルセットが重なり、最高の仕上がりになっている。ガース・ハドソンのオルガンソロもとてもいい感じだ。

Clothes Line Sagaは気怠いブルース・ナンバー。こういう曲をサラリと演れるところにバンドの底力を感じる。Clothes Line Sagaは3コードのR&Rナンバー。投げやりなディランのボーカルが良い感じだ。

Please, Mrs. Henryはディランのボーカルによるダウン・トゥ・アースなナンバー。ディランのリラックスしたボーカルが聴きどころ。

Tears of Rageは本作地下室のハイライトだと思う。ザ・バンドのファーストにも収録されている名曲。サビのコーラスが秀逸な1曲

続いてディスク2へ。Too Much of Nothingはミディアムなナンバー。上昇するコード進行が印象的。サビのメロディーも良い。Yea! Heavy and a Bottle of Brewはディランの語り口調のボーカルが良い。楽曲もブルージーで独特の味を出している。

Ain't No More Caneはカントリー・ナンバー。アコーディオンとマンドリンが曲に彩りを与えている。Crash on the Levee (Down in the Flood)は3コードのブルース・ナンバー。
ガース・ハドソンのオルガンが良い。ディランのボーカルも力強く聴こえる。

Ruben Remusはリヴォン・ヘルムのボーカル。この曲もザ・バンドのアルバムに入っていそうな曲。地味だけど名曲だと思う。ロビー・ロバートソンのギターも良い。Tiny Montgomeryはいかにもセッション風の楽曲。ディランのトークング・ブルースが聴きもの。

You Ain't Goin' Nowhereは本作地下室で一番好きなナンバー。ザ・バーズもカバーしているカントリー・ナンバー。Don't Ya Tell Henryはリヴォン・ヘルムのボーカルによるR&Rナンバー。リチャード・マニュエルのピアノがカッコいいい1曲。ロビー・ロバートソンのソロも良い。

Nothing Was Deliveredはディランによる3連のバラード。サビのメロディーが印象的な1曲。これも名曲だと思う。ロビー・ロバートソンのオブリがいい感じだ。Open the Door, Homerはカントリー・フレイバー溢れるナンバー。これもいかにもセッション風の楽曲。

Long Distance Operatorはリヴォン・ヘルムのボーカルによる、本作地下室で最も重たいナンバー。ロビー・ロバートソンのギターが冴えている。ブルース・ハープがいい感じだ。

This Wheel's on Fireはザ・バンドのファーストにも収録された名曲。個人的には、ザ・バンドのバージョンより地下室のバージョンの方が好みかな。

本作地下室はリラックスしたディランが楽しめる名盤です。ストーンズのベガーズ・バンケットが好みの方にはぜひオススメしたい1枚です。







-ロック
-, , , , , ,

Copyright© 試行錯誤するロック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.