ロック

JET - Get Born(2003)

投稿日:

ゲット・ボーンはジェットのデビューアルバム。2003年にリリースされた。デビュー前からストーンズの前座を務めたりと、話題のバンドだったのでリリースが楽しみなバンドだった。

まず1曲目のLast Chanceのエッジの効いたギターでやられた。続くAre You Gonna Be My Girl。ザ・フーのマイジェネレーションを感じる名曲。上昇するコード進行がやたらカッコいい。シングルでもヒットした。

Rollover D.J.もシングルでヒットした楽曲。王道のR&R。文句なしの楽曲だ。ハモンド・オルガンがいい味つけをしている。ギター・ソロもR&Rのお手本のようなフレージングで聴いてて燃えてくる1曲

Look What You've Doneはピアノで始まるバラード。メロディーがとてもボーカルにマッチしている。途中の展開はビートルズを感じる。Get What You NeedミディアムのR&Rナンバー。2本のギターの絡みがカッコいい。途中のベース・ソロも良く歌っている。ハモンド・オルガンがいい味を出している。後半のファズを効かせたギター・ソロが聴きどころ。

Move Onはアコースティックなバラード・ナンバー。南部テイストを感じるこの楽曲は、どこかフェイセズを感じる。名曲です。スライド・ギターとブルース・ハープが泣ける。Radio Songもピアノをバックにしたバラード。サビのメロディーが秀逸な1曲。ギター・ソロも良い。本作ゲット・ボーンはバラードが結構入っていて、聴いてて飽きない。

Get Me Outta HereギターリフがカッコいいR&Rナンバー。しかし新人バンドのデビューアルバムでここまでクオリティーの高い楽曲と演奏を聴かせてくれるとは思わなかったよ。

Cold Hard Bitchは同郷のAC/DCを感じさせてくれる楽曲。コードとリフ1発でカッコいいR&Rをキメてくれる。Come Around Againはギターのアルペジオで始まるバラード。この曲にもビートルズ、特にホワイト・アルバム期のジョンを感じる。

Take It or Leave Itは疾走するR&Rナンバー。いかにもライブで盛り上がりそうな1曲。
途中のオブリのギターがカッコ良すぎる。ギター・ソロも燃えてくる。Lazy Gunはシャッフルで始まるブルージーなナンバーかと思いきや、サビでポップに変貌する。このサビのメロディーが壮大で素晴らしい。ライブのハイライトになりそうな1曲。

ラストのTimothyはアコースティックのバラード・ナンバー。浮遊感のあるメロディーがラストにふさわしい名曲だと思う。

本作ゲット・ボーンはロックンロール・リバイバルの中でも絶対外せない1枚だと思います。未聴の方はぜひチェックしてみてください。







-ロック
-, , , , , ,

Copyright© 試行錯誤するロック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.