「 傑作 」 一覧

Tom Waits - Closing Time(1973)

酔いどれ詩人、トム・ウェイツの1st。このアルバムには個人的にちょっと甘酸っぱいエピソードがある。 日本のシンガーソングライターでSIONという人がいる。彼の曲で「クロージングタイム」という曲があって ...

Nirvana - Nevermind(1991)

ニルヴァーナのネヴァーマインドのレビューを色んなサイト、書籍で見つけるたび「自分の人生を変えた1枚」「シーンに風穴を開けた金字塔的作品」といった言葉をよく見かける。 ネヴァーマインドがリリースされた1 ...

Bruce Springsteen - Born to Run(1975)

1987年、第2回のロックンロールの殿堂入りの式典でロイ・オービソンのへのプレゼンターとして登場したブルース・スプリングスティーンは、明日なき暴走(原題:Born to Run)について「僕はあのアル ...

The Soup Dragons - LOVE GOD(1990)

コトのはじまりは80年代後半。スペインのイビザ島。バカンスに来ていたイギリス人のDJがエクスタシーなるドラッグを知り、クラブで流れていたアシッドハウスに合わせてクネクネと踊り始めた。 「これは絶対、本 ...

The Beatles - Please Please Me(1963)

ビートルズのデビューアルバムを本当に久しぶりに聴いた。デビューアルバムといえば、そのバンドの「原点」と語られることが多いけどこのプリーズ・プリーズ・ミーの場合はちょっと違うと思う。だってこのアルバムを ...

Broken Social Scene - You Forgot It in People(2002)

ブロークン・ソーシャル・シーンはカナダ、トロントのバンド。You Forgot It in Peopleは彼らの2ndアルバムにあたる。曲ごとにメンバーが変わるので一概には言えないが、音楽的にはインダ ...

The Donnas - Spend the Night(2002)

ザ・ドナスはサンフランシスコ出身の4人組ガールズバンド。メンバー全員が同じハイスクールに通っていて、結成のきっかけは学校のバンドコンテストに出場するためという、まるでアメリカのホームドラマのような展開 ...

The Beatles - Revolver(1966)

個人的にビートルズの評価ってすごく難しい。一方でYesterday、Let It Beみたいなポップミュージックの教科書のような曲がある。また他方でHappiness is a Warm Gun、A ...

The Rolling Stones - Exile on Main Street(1972)

リリースは1972年。ミックテイラー在籍時のローリング・ストーンズ黄金時代。2本のギターが複雑に絡み合う永遠のマスターピース。それがこのメインストリートのならず者(原題: Exile on Main ...

Copyright© 試行錯誤するロック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.